記事一覧

そのまま運び出し

親子

積み重ねることが大事

引越しが決まれば、「荷造り」を始めることから準備を進めます。もちろん、引越し業者を利用する際、荷造りを含むパックプランを選ぶことで、コトは済みます。しかし、費用は決して安くはなく、人件費から荷造りのために必要なツール(段ボール)なども加算されますから、自分でできる準備は自分で行いましょう。段ボール類は、引越し成約特典として無料にて貰うことができます。大型の家具・家電は業者に任せるとして、小物類は自分で梱包しましょう。部屋別で段ボールを分けておき、新居に搬入する際に荷解きしやすいように、側面にキッチン用(食器棚用)などを明記しておきます。引越しではトラックに積み込むため、箱は積み重ねられることが大事です。隙間なく埋められれば、トラック台数あるいはサイズ(2トンから1トン車)変更ができ、料金もその分安くできます。従って、箱に入るが頭が出る物、鉢植えなどが一例ですが、これは積み重ねることができないので、なるべくなら頭が出ないように荷造りしましょう。ハンガーに掛かっているもの、タンスにしまっているものはそのまま業者が提供するハンガー・衣類・シューズBOXに移すだけで、荷解きする際にラクでシワにもなりません。食器は割れ物ですからプチプチなどのクッション材を使い、スタッキングできるならば合わせてから梱包します。食器だけでも様々な素材、形があり、箱に納めるにも隙間が生じてしまいます。梱包して箱を抱えてガラガラ音がするならば、隙間を柔らかな衣類、タオルなどで埋めることで割れにくく、なおかつ、衣類も詰め込むことができて一石二鳥です。梱包材をタオルなどで代用するのもありでしょう。バイクや石油ヒーターなどは、燃料が引火しないように、前日までに空にして搬出準備を済ませておきます。貴重品などをはじめ、高額となる骨董品は、保障(補償)を付帯しておくなど、それなりの準備が必要です。