記事一覧

新しい生活

家族

新しい生活の近所付き合い

引越しは新しい土地での新しい生活が始まることです。引越し後に長いお付き合いとなる近所へのあいさつは十分に準備しておくのが良いでしょう。しかし、どのようなあいさつが適切なのかは分かりにくいことです。何が最も良いのかは、その人によって考え方がちがうので一概に言えませんが、一般的な準備などについて常識的な範囲で考えてゆくのが良い方法でしょう。まず、あいさつが必要なのかどうか考えてみます。確かに近所付合いは必要な場合が多いですが、一人暮らしの若い女性があいさつすることなどは考え方によっては物騒なことです。一方、ゴミ出しや学校関係の情報などはどうしても必要なものです。さまざまな場合がありますから、そうした意味からも準備が必要です。具体的にどの程度の準備が必要なのかを考えてみます。まず、あいさつの範囲ですが、アパートやマンションと一軒家では異なると思われます。一軒家では、向こう三軒両隣と言われますが、これが一般的な範囲でしょう。アパートやマンションは、両隣以外にも、生活音の危惧等を考えれば、上下階の住人にもあいさつが必要でしょう。次に、あいさつの時期です。これは、あいさつの準備と関係してくる問題です。一般的には引越し後と考えがちですが、当日の作業などを考えると、事前のあいさつが良いと思われます。あいさつに手土産が必要でしょうか。手ぶらでは、やはり失礼ではないでしょうか。手土産は1000円程度で十分でしょう。よく配られる物は蕎麦、タオル、お菓子、洗剤、お茶などが一般的です。これらが、引越しのあいさつの一般的なものと思われます。これに沿って準備をしておく必要があるでしょう。