記事一覧

回収や買取を利用する

ダンボール

転居する前が大事

引越しの準備は「近距離」ならば、忘れ物や取りこぼしていた諸手続き、こうしたトラブルにも対応できますが、「遠距離」ならば難しいでしょう。効率よく進めるため、引越し前後でやるべきリストを作成しておきましょう。特に、旧家に帰路できないのであれば、引越し前にやるべきことは、取りこぼしなく準備が必要でしょう。転出届けや印鑑登録の廃止など、自分で動かなければならないことは早めに行います。住所変更にしても、役場にて行う場合、転入に関する手続きについても職員に聞いておくことで、新境地でも円滑にコトが進められます。郵便物の場合には、手続きを忘れてしまっても、新しい住所へ転送してくれるサービスを利用できます。しかし、電気・ガス・水道の利用手続き抹消は引越しの一週間前には済ませておきましょう。賃貸マンションなどでは、閉栓・開栓の確認には本人が同席しなければならないこともあり、バタバタしないように早めに行います。また、荷造りをする際、不要品や粗大ゴミなどが出ることもあり、荷物量が多くて段取りよくできないのなら、業者のオプションを活用できます。引越し前々日、前日にスタッフが加勢に来てくれます。また、不要品を回収したり、買取サービスを打ち出す業者もいます。荷造りしながら引越し費用を抑えたり、運がよければ買取した金額が引越し料金を上回ることもあるかもしれません。準備不足にならないため、業者の引越し訪問サービスを利用すれば、搬出するために必要となる準備も早めに行えます。それが、冷蔵庫の霜取り、ファンヒーターの油類、バイクの燃料を空にすることなどです。